オリジナル、唯一無二

アンティークはそもそも唯一無二なモノなのでしょうか。

傷の付き方、色あせ方が”同じ”ということはありません。

ただ、”同じような”デザインのモノはあります。

”同じような”仕組みの家具もあります。

例えばドロアーリーフテーブルやゲートレッグテーブルなど

家具の仕組みが同じものはたくさんあります。

(ジョンブルにもドロアーリーフテーブルは20台ほどありますからね)

アンティークに「全く同じものというのはありません」と言ってはみるものの

やはり日本中、世界中のコレクターの中にはうちの商品と同じようなデザインで

同じようなサイズ感の物ってあると思うんです。

つまり唯一無二の物はアンティークだけにとどまらず、

作り出さないといけないのではないか。と思ったりしまして。

ここで少し言葉遊び

「オリジナル(original)」にはいくつか意味があって

1、最初の・初期の

2、独創的な

日本人はどちらかといえば2の意味合いで使うことが多いでしょう。

オリジナルアイテム、オリジナルメニュー、オリジナルカラー、、など。

自社のブランドですよ、というような意味合いで使いますよね。

ですがアンティークや古物の業界では1を使うことが多いと思います。

「この取手はオリジナルのままです」というと

最初のまま、ということで価値が上がります。

今日は2の意味合いで”オリジナル”を使いますね。

本題:ジョンブルは去年の夏にオリジナルのHPを作ったんです。

それをそのまま放置していまして、、、

(日頃のブログも放置しがちですいません)

久々に更新しようとしたらログインのIDも忘れている始末。

かなりの時間を要してログイン完了、更新出来ました。

今日は洗面台ばっかり3つも更新しましたよ。

↑こんな感じです。なかなかシンプルなHPでしょう。

https://johnbullantiquesoriginal.shopinfo.jp/

このHPの名前が何を隠そう「JOHN BULL Original」なんです。

ジョンブルの独創的な部門、唯一無二の部門になります。

このHPがもっと潤うように職人さんには”オリジナルな商品”を

生み出してもらいましょう。

私は更新をがんばります。

ただのアンティークではない「唯一無二のアンティーク」をご希望の方は是非

こちらのHPも。

長々と前置きをして、言いたかったのはこれでした。

ではまた。


     

この記事・商品等についてのお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

お問合せされる前に、プライバシーポリシーをお読みください。
※プライバシーポリシーはこちら
個人情報保護方針に同意する(必須)