2018.5.18 / JOURNAL

椅子の張り方

こんにちは♪ 熊本特有の蒸し暑い日が続いていますね。。 JOHN BULLもアイスコーヒーにチェンジしました(^^)/ さて、奇数月は毎日椅子の張り替え教室を開催しています。 ということで、私も「椅子張り」を体験☆ 今回張るのは、ジョンブルのオリジナルスツール! と言っても、 P1260829 P1260831 ジョンブルの椅子の中で 写真のように折れてしまって椅子としては使えなくなってしまったものを 背もたれを切って新たにスツールとして再利用しよう!というオリジナル商品です。 なので木自体はアンティークの良いものなんですよ♪ 背もたれを切って 綺麗に磨いたものがこちら↓ P1260903 よし!布を張っていこう! とは、いきませんよ。 良く見ると座面と椅子に隙間があります。 P1260904 このまま仕上げると座面がスポスポ外れてしまいますよね。 そうならないために 座板の幅ほどの端切れを直接付けて調整します。 P1260905 P1260906 少し厚みが出ましたね↑ さっきより隙間が無いのが分かりますか? P1260907 この調整を経て、座張りの段階へ。 といってもまだ準備が必要 P1260909 P1260908 まずはスポンジとチップをジャストサイズにカット。 P1260913 通常はこんな感じで2層でしあげています。 そして布選び 今回黒っぽいものをチョイス。 P1260910 ダイニングチェアだと中々張れない ポップな布にしました♪ 布は座板から8センチほど余裕をもたせてカット P1260912 これでやっと準備おっけい◎ ここからはシンプルに、布の端を2㎝ほど折り返してタッカーで留めていきます。 (タッカーとは簡単に言えば強力なホッチキス) まずは座面の奥側から。 P1260914 P1260915 これが意外と力が要るんです。 対角をどちらも留めた後に もう一度布を引っ張ってみると P1260916 こんな感じで、まだ余りが出てくるんです。 これを二度留め。 そして両サイドも同じように 目一杯引っ張りながら張っていきます。 P1260917 そしてコーナー部分は 要らない布をカットしながら、外側から織り込みながら留めていきます。 P1260918 P1260920 それで完成!!! P1260919 P1260921 いかがでしょうか? こんな感じで1脚1脚手作業で仕上げています。 椅子の張り替え教室では この前の「布をはぎ取る」作業もあります。 全部で大体1時間半ぐらいになります。 ご興味のある方は是非ご参加ください( ^)o(^ ) 楽しいですよ~♪ ~椅子の張り替え教室~ 5月は定休日(火曜)を除く毎日開催 10:30~18:00 1脚¥3000~

shopinfo

\ジョンブルアンティークのショップインフォメーション/

「本店」及びデサキ熊本菊陽店内のshop in shop
「The Life Style Shop BURN」の店舗がございます。

JOHN BULL ANTIQUES

| LOCATION |
〒861-8019 熊本県熊本市東区下南部3-10-26
TEL 096-349-7711
>>GoogleMap
| OPEN HOURS |
火曜定休 10:00-18:00

The Life Style Shop BURN

| LOCATION |
〒869-1101 熊本県菊池郡菊陽町津久礼2648(デサキ熊本菊陽店内)
TEL 096-349-7711
>>GoogleMap
| OPEN HOURS |
不定休(デサキ熊本菊陽店に沿って)11:00-19:00

NEWS

JOURNAL